ネットでお薬ってどんなサービスなの?

「ネットでお薬ってどんなサービスなの?」のイメージ画像

非常に便利なサービスであるネットでお薬とはそもそもどういったサービスなのでしょうか?
スマートフォンなどを使って、薬を注文して届けてもらうことができるということから、通販と勘違いするケースは珍しくありません。
実際に利用してみるとネットでお薬のサイトも通販サイトのように、商品をカートに追加してといったような形で利用するので、通販というイメージが強くなってしまうのです。

ですが、このネットでお薬というサービスは通販のサービスではありません。
そもそも通販で処方箋が必要になる医薬品を販売したりすることは法律で禁止されています。

では、ネットでお薬は何のサービスなのでしょうか?
じつは、このサービスは個人輸入の代行と呼ばれるサービスになります。
個人輸入とは海外から処方箋が必要な医薬品などを、個人使用を目的として輸入するという方法です。
この方法は、日本では処方が認められていない未承認薬などを輸入することもできる方法となっており、幅広い方に有益な方法であると言えます。
しかし、この個人輸入という手法は海外か医薬品を輸入するため、海外と現地の言葉で輸入の手続きから法的な問題の確認まで行う必要があり利用したくても利用できないというケースがほとんどでした。

代行サービスであるネットでお薬はそうした難しい部分をすべて代行してくれるので簡単に個人輸入ができるサービスとなっています。